カテゴリー
役立ち

電子ピアノのリサイクル方法

電子ピアノ(デジタルピアノ)のリサイクル方法を教えます。実際にリサイクルする場合に考えられる方法が何種類かあります。適切にリサイクルをすることで、電子ピアノや人や環境にも役立つことができます。

不要になった電子ピアノのリサイクル方法

  • 電子ピアノを使わなくなったので、誰かにリサイクルしたい!
  • 重いものなので運送の手配がわからない!
  • まだまだ使えるのでもったいない!

お困りの方は、手順としてまず、本体の名称・故障・破損のチェック・運送方法・売買できる場所などを調べる必要があります。

①故障・破損のチェック

鍵盤を全部弾いてみるて、鍵盤の動きに異常がないかチェックする。またボタンやヘッドホンなども通常に使用できるか確認します。

②メーカー・機種・年式のチェック

鍵盤下または背面にシールが貼ってあり記載されています。

③リサイクルの引取り先はどこ?

実際にリサイクルする場合に考えられる方法です。

④運送費にご注意!

オークションでの電子ピアノの運送は高額になる可能性がありますので、くれぐれも先に運送費を調べた上で活用ください。また、個人では運送してもらえないケースもございます。ご自身で運送する際も、重量がありますので、取り扱いにご注意してください。

電子ピアノの需要

電子ピアノといえば、アコースティックピアノの代用として購入されている方が大半でしたが、現在は電子ピアノが支流となります。 経済産業省生産動態統計のデータでは、毎年、20万台前後の出荷台数が製造され販売されています。それに伴い、電子ピアノのリサイクル品が多く市場にでることになります。

電子ピアノ生産台数

リサイクルの優位性

ピアノは一生ものという感覚がない時代です。そしてリサイクルが普及した現在、このサイクルが早くなってきております。不使用で長年ご自宅で眠っているよりは、他の所有者へ移り、使用される方がピアノにとっても良いかもしれません。

まとめ

電子ピアノは、趣味趣向品として大切に使われています。もしも使用しなくなった場合は、リサイクルされることをお勧めします。現在の電子ピアノの価値を知りたい場合、価値を把握して、大切に使用してくれる場所を選択しましょう。